So-net無料ブログ作成
検索選択

夜行列車はサンタクロース。 [フィンランド]

RIMG3363.JPG

 

いやいや、

またまたご無沙汰してしまいました[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)] 

、、、

、、、

今年7月の欧州旅行

フィンランドのロヴァニエミの街を散策した後、

夜行列車で移動するため、

ロヴァニエミの鉄道駅を目指しました[手(パー)] 

RIMG3365.JPG

 

駅に着くとすでにヘルシンキへと向かう列車がホームに停車中[ひらめき]

急いで切符売場に行って、、

RIMG3367.JPG

 

タンペレまでの夜行の切符をゲットしました[ひらめき] 

発車の時間が近かったのですが、

駅員さん笑顔で対応してくれましたよ[ぴかぴか(新しい)]

移動と宿代込みで113ユーロ

RIMG3364.JPG

 

新型の、サンタクロースエクスプレスと呼ばれるこの列車での移動[電車]

かなりリーズナブルな価格だなと思いました[ひらめき]

RIMG3366.JPG

 

車内に入り、2階建ての2階部分にあるコンパートメントへ。

部屋の鍵はカードキーでございました[ひらめき]

RIMG3370.JPG

 

2人部屋2段ベッドの下のベッド、

こちらがこの日の寝床だったわけですが、、

結果的に上には誰も来なかったので、

シングル状態でゆったりと過ごすことが出来ました[眠い(睡眠)]

RIMG3368.JPG

 

コンパートメントにあったトイレと洗面所。 

洗面台を手前に引き寄せると、、

RIMG3369.JPG

 

シャワー室に早変わりです[ひらめき] 

これ、シャワートイレ付のシングルに泊まった感覚でしたよ[わーい(嬉しい顔)]

バスタオルも置いてありましたし、

設備もすべてきれいでした[ぴかぴか(新しい)]

RIMG3372.JPG

 

そんな車内で窓の外を見ながら、

ピクルスとトナカイのサラミをつまみにビールをいただく[ビール] 

いやぁ、ホントに贅沢な時を過ごさせていただきましたよ[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

RIMG3375.JPG

 

窓の外は、

いつまでたっても暗くならず、

出発してから2時間ちょっとが過ぎた頃、、

RIMG3376.JPG

 

時計を見たら23時40分[時計]

このままでは寝不足になってしまうと、

床に就くことにいたしました[眠い(睡眠)]

RIMG3378.JPG

 

翌朝5時40分、

予定より早くサンタクロースエクスプレスはタンペレの駅に到着[電車]

RIMG3380.JPG

 

まだ人もまばらなタンペレの街へくり出しました[くつ]

、、、

RIMG3382.JPG

 

タンペレはフィンランドでは首都ヘルシンキに次ぐ第二の都市だそうでして、、

RIMG3383.JPG

 

北のナシヤルヴィ湖と、

RIMG3384.JPG

 

南のピュハヤルヴィ湖という二つの湖に囲まれている街だそうです[ひらめき]

RIMG3389.JPG

 

この時ちょうど6時頃だったでしょうか、、

この街の市立図書館の一階にあるムーミン谷は9時に開くそうでしたので、

この先にあったベンチで一休みすることに[眠い(睡眠)] 

RIMG3391.JPG

 

ベンチに寝転がって上空をパチリ[カメラ]

RIMG3392.JPG

 

片手で適当にパチリ[カメラ]

RIMG3394.JPG

 

2時間程荷物を全部持ったまま寝ていましたが、

気持ちよく休息をとることが出来ました[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)](←もうちょっと危機感を持ちなさいよw) 

RIMG3395.JPG

 

その後前夜に飲んだビールの空き缶を、

2年前のドイツでもありましたスーパーのリサイクル機に入れまして、、

RIMG3396.JPG

 

デポジット料を回収、 

そのついでにお水を購入[たらーっ(汗)] 

RIMG3397.JPG

 

タンペレの街を歩き、

市立図書館に向かいました[モータースポーツ]

RIMG3398.JPG

 

市立図書館の前まで来ましたが、

まだ開館していなかったので付近をうろうろと、、

RIMG3399.JPG

 

目に留まったのはこちらの自転車[ひらめき] 

どうやらレンタサイクルの様子、、

RIMG3400.JPG

 

タンペレの街の中のいくつかの地点で乗ったり返したりするようなシステムなのでしょうか、、

、、、

そういえば最近は横浜でも同じようなシステムのレンタサイクルが出来たそうですね[ひらめき]

RIMG3403.JPG

 

そんなことを思いながら、

再びフラフラと歩きだし北の方へ[くつ]

RIMG3404.JPG

 

ナシヤルヴィ湖のほとりまでやって来ました[晴れ]

対岸にある展望台や遊園地を眺めながら散策し、、

RIMG3405.JPG

 

フィンランドらしい大きな湖のほとりで深呼吸をした後、、

RIMG3407.JPG

 

このように歩道と自転車道が区切られた湖畔の道を戻りまして、

RIMG3408.JPG

 

市立図書館の一階にあります、

ムーミン谷博物館へと訪れたのでございました[モータースポーツ]

、、、

ということで、

次回に続きます[ひらめき] 

 

 


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 10

コメント 2

てぷこだん

南のピュハヤルヴィ湖の石像は、頭部で人間を持ち上げているように
見えるのですが、実際に片手で持っているのは人間ですかね?
すみません、しょーもない点に注目してしまいました^^;
片手で超人を持ち上げることができるのは、ストロング・ザ・武道か、
あのお方しかいないと思ってたものですからw

列車の旅、いいですね~
わたくしもエジプト以来電車の旅はご無沙汰ですが、久しぶりにまた
電車旅でもしたいものです。
ビール片手に車窓を楽しむのは、ホント贅沢な旅のひとつですよね^^
またトナのサラミをツマミにとは、またオツなw
(どうりでトナが見当たらなかったのですね?w)

ムーミン谷博物館ですか。
ムーミンといえばもうあの超人しかいませんよね!?
次のキン消しの登場が楽しみです。
変身超人プヨプヨを予想します!(←強引過ぎるw)

by てぷこだん (2012-10-13 17:00) 

iga

てぷこだんさん、コメントどうもありがとうございます!!
お返事遅れて申し訳ありません^^;

石像が持っているものはうさぎか何かの小動物だったかと。
なにか狩猟をイメージさせる像だったのではと思います!
武道とあのお方w
もしそのシーンをモチーフとした銅像が造られたならば、頭をつかまれてるのはどっちもジェロということになってしまうのでしょうかww

列車の旅、いいですよね。
白夜でしたので、寝るまでの間ずっと車窓の景色を見ることが出来ました。
団長もまた列車の旅、サンちゃん持参で行かれてください^^

はっ、トナが見当たらなかったのはそういうわけだったのですね!(そんなわけないですw)

ムーミン谷、残念ながらプヨプヨは登場いたしませんが、
次の記事ではこの旅行に持って行ったキン消し総登場の予定です^^;
by iga (2012-10-17 19:49) 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。